外国人技能実習制度とは

外国人技能実習制度とは、開発途上国の人々を一定期間、企業や個人事業主の
もとで職務を通じて、我国の技術・技能・知識を修得する制度です。

帰国後母国の産業の発展に帰依する、「人づくり」に寄与する国際貢献・国際
協力です。

当協同組合が受入れる技能実習生とは国の技能検定及び、技術・技能・知識の
向上を目的として、日本国内の企業で実習を受ける外国人です。

技能実習生は送り出し機関において、一定期間の日本の文化、習慣や日本語等の
事前研修を受け来日します。入国後は、各企業に配属の後も、当協同組合の専門
職員が、定期的に配属企業を訪問し、円滑な技能実習計画の実施へのサポートを
行います。 
 

技能実習制度移行対象職種・作業一覧

OTIT外国人技能実習機構のホームページ内
技能実習制度移行対象職種(新しいウインドウが開きます)
をご参照下さい。